ビットコイン急騰のはみなさんご承知のとおり。

しかし、今年から他の投資対象と同じように取引所も登録制になっています。

また、本人確認が必要になるなどばれやすくなっていますので、税金は素直に納めましょう。

ただし他の投資と同様に注意したいポイントがある。それは「すべての利益には必ず税金がかかる」ということだ。そして、儲けが大きければ大きいほど税金がかかる。そのため、最悪、納税の結果、利益が3割程度にとどまってしまうことにもなりかねない。

via: 「ビットコイン急騰で儲かった」の落とし穴 利益が3割になることも? | ZUU online

 

加算される税金

所得税と市民税が関係してくるようです。

平成29年度税制改正により、仮想通貨への消費税は非課税とされた。そのため、今年7月以降は仮想通貨の取引には、消費税はかからない。
したがって、現段階で、個人投資家が気にしなくてはならないのは所得税と住民税の2つになる。

via: 「ビットコイン急騰で儲かった」の落とし穴 利益が3割になることも? | ZUU online

人間現金が目の前にあると、ついつい使ってしまいがちですが、累進加算制度によって、5000万円以上の売買利益があると日本では所得税最高45%が加算され、住民税の10%と合わせると最高55%の税金を払う必要があります。

使いすぎに注意しましょう。

年間5000万円以上ビットコインの利益がある人は、もう税金の安いシンガポールやドバイへ引っ越したくなりますよね。

しかし、BitClubで頑張れば、年間5000万円以上稼いで海外生活も夢じゃありません!!!

 

こんな記事はいかが?