老後の不安はいろいろありますね。

健康住宅ローン子供の教育費生活費再就職etc。

数え上げれば切りがありませんが、私の場合は老後貯蓄です。

 

 

子供に支援してやりたいという気持ちもありますが、現状を振り返ると難しいです。

年金はどれだけ返ってくるか判らない、銀行金利は低くて当てにならない。

こんな不安が頭をよぎる毎日。

ですから、真剣に株式投資を勉強しようと、高額塾にも入りました。

でも、プロには勝てませんでした。_l ̄l○

そうこうしている間にも、定年が迫ってきている。

健康状態も心配なので、元気に働けるかわからない。

再就職先で同じような給料を貰うことはほぼ不可能だ。

と考えたので、サラリーマンを辞めて起業しました。

しかし、そうそうすぐに儲けに繋がるモノではありません。

そこで、どうにかして、有利な投資先を見つけたいと、ず〜っと探し続けていました。

そして、ここにたどり着いたのです。

 

世界が変わるとき

今、急激に世界が変わっています。

IT(フィンテック)の到来で、金融機関は生き残りをかけて必死にBlockChainを研究しているんです。

そして、大方の予想通り、ゴールデンウィークからビットコインは急騰しています。

わたしは、昨年末から本格的にビットコイン投資を始めたんですが、正解でした。

執筆時(2017年5月)現在、ビットコインは、買った当時の2倍の金額で取引されています。

年始に1BTC(ビットコインの単位)10万円前後だったビットコインの価格は、だんだんと勢いを付けて急上昇し、いわゆる 仮想通貨法が施行された4月以降は一段と勢いを増しています。

今は、世界の金融市場、システムが仮想(暗号)通貨によって大きく変わろうとしているんです。

その証拠に、決済手段としてビットコインを導入する店舗や企業が急激に増えています。

仮想通貨ビットコインを新たな決済手段として店舗に導入する動きが広がり始めた。ビックカメラは週内に都内2店舗でビットコインによる決済を開始。リクルート系も今夏をめどに26万店で利用できるようにする。投資が中心だったビットコインの利用が店舗での決済手段に広がる。訪日外国人を狙った動きだが、日本の消費者への普及につながる可能性もある。

via: ビットコイン対応26万店 ビックカメラなど導入  :日本経済新聞

 

国内の仮想通貨取引所コインチェック(東京・渋谷)は国内で初めて、利用者が仮想通貨ビットコインを一定期間預ければ金利を得られるサービスを始める。利用者は同社に専用の口座を作ってビットコインを預けていれば、払い出し時に最大年5%の金利分のビットコインが得られる。ビットコイン版の「定期預金」のような仕組みで、利用者に長期保有を促す。

via: ビットコイン版「定期預金」 コインチェック、預ければ金利  :日本経済新聞

 

国内の仮想通貨取引所コインチェック(東京・渋谷)は国内で初めて、利用者が仮想通貨ビットコインを一定期間預ければ金利を得られるサービスを始める。利用者は同社に専用の口座を作ってビットコインを預けていれば、払い出し時に最大年5%の金利分のビットコインが得られる。ビットコイン版の「定期預金」のような仕組みで、利用者に長期保有を促す。

via: ビットコイン版「定期預金」 コインチェック、預ければ金利  :日本経済新聞

 

毎日毎日、ビットコインの話題に事欠きません。

繰り返しになりますが、今まさに世界が変わろうとしています。

こんなチャンスは滅多にないんですよ。

ゴールデンウィークからビットコインは急騰していますが、去年の段階で仮想通貨元年になる今年、ビットコインは1BTC40万円以上になるだろうと言われています。

執筆時現在は、約30万円なのでまだまだ伸びしろはあります。

とはいえ、よく解らないし怖い。

いきなり数百万円を投資するのは、わたしもさすがに怖くてできませんでした。

でも、少額ならいけるかも!?と試しに投資してみたら、見事に値上がりしたわけです。

 

ビットコイン投資を考える

ビットコイン投資を考えるなら、方法は2つしかありません。

ビットコインが安いときに買って、高いときに売るキャピタルゲイン狙いが1つ。

もう一つは、マイニングプールへ参加する方法です。

マイニングとは、ご存じのとおりビットコインが送金された時にその取引を承認する手続き。

いち早く暗号を解いて取引を承認したところへ、ビットコインが支払われる仕組みです。

そのマイニングに必要なコンピュータは、スーパーコンピュータなみのパワーが必要で、常に最新のものを使わなければならないし、電気代も掛かるので資金が必要なんです。

そのマイニング資金を募っているのが、マイニングプールレンタルです。

参加すると、出資額に応じてマイニングしたビットコインが分配されます。

 

BitClubを勧める理由

BitClubをオススメする理由は、いくつかありますから、順番にご説明します。

マイニングの様子が一目でわかる

マイニングした収益は、専用サイトで確認することができます。

マイニングマシンには、名前が付いていてどのマシンがどれだけマイニングしたか公表しているんですが、最近日本人の参加が多くて「sakura」なんて名前が付いたマシンもあります。

創業者の方は、親日派のようでよく日本に来ています。

マイニング量BitClubPoolから引用

 

マイニング量がわかるので、「マイニングやってる企業って怪しいんじゃないの?」という疑問も払拭してくれます。

 

マイニングで世界第2位

BitClubは、マイニング企業の中では、10位ぐらいなんですが、実は第3位のBitFury業務提携をしています。

この2つの企業は共同でマシンの開発やマイニング量のシェアをしていて、2つ合わせると世界第2位の大企業なんです。
ビットコインHashrate配布 – Blockchain.info

With the latest release of the Bitcoin Core client a few days ago, mining pools are switching over to this new version one by one. Two of the first mining pools to do so are Bitfury, and BitClub and more mining pools are expected to follow in the coming weeks.

via: Bitfury And BitClub Mining Pools Upgraded To New Bitcoin Core Version – The Merkle

▼BitClubのマイニング工場

 

ビットコインが複利で増える

マイニングした中から、一定の割合(40%など)で再購入(新しいマシンパワーにするための資金)に回されます。

これが、複利で増える秘密です。

あとから設定は変更できてます。(最高は100%)

プールの購入代金の0.5%に達する(500ドルのプールなら2.5ドル分)ビットコインが貯まると、新規で出資が始まり、同じく1000日間続きます。

BitClub(ビットクラブ)のマイニングプール比率を変える方法

これが、ずっと続きます。

 

マイニングの報酬は、マイニング比率の設定によっても違いますが、6〜8ヶ月で最初の投資分が回収できて、あとはまるっと儲けになります。
※ビットコインのレートの変化に左右されます。

このビットコインの値上がりと、マイニングでビットコインが増えていくという、2つのメリットがあるのが魅力。

 

唯一心配なのは、先日あったデータフォーク問題や価格の乱高下ですが、投資にはリスクがつきものなのと、投資額が少額からできるのが万が一の時でも痛手は少ないでしょう。

それに、ビットコインは乱高下しながらも、右肩上がりなのは一目瞭然です。

 

アフィリエイトでもいける

先ほども紹介したマイニングアフィリエイトもできるので、友人達に教えてあげてもいいでしょう。

昨年夏頃にこのビジネスを初めた日本人の友人は、今や毎日4BTCずつ貰えているようです。

執筆時現在(2017年5月)では、1BTC約30万円。

話半分でも、魅力的ですよね。

 

ビットコイン投資は今がチャンス

わたしは、現在の日本情勢では、一般のサラリーマンが老後不安を払拭するには、このビットコイン投資しかないと思っています。

貴方が、5年後10年後に老後の不安もなく生活しているのをイメージできればいいですが、イメージできないのであれば、今がチャレンジするときなんじゃないでしょうか?

値上がりが激しいから、暴落するのでは?と思っているうちに手の届かないところへ行ってしまうかもです。

早く始めれば、それだけ早く儲けることができます。

わたしも、半年前出資するのがとっても怖かったですが、今はホントにあの時思い切って良かったと思っています。

だって、,半年で資産が3倍になったんですからね。

※公式サイト右上のタブで日本語になります

 

【特典】
わたし達のグループは、オンラインでも常に最新の情報を共有しています。

当ブログから、入会していただければLINEグループにご招待いたしますよ。

▼BitClubに関する質問があれば、お気軽にどうぞ。

 

 

▼これさえ読めば登録にもう迷いません。初心者でもサクサク進む便利なPDF配布中!!!